勤怠システムを見直し正確な時間管理を目指そう

バナー

勤怠システムを見直し正確な時間管理を目指そう

  

会社には、従業員を雇用すると法律で労働者を守るべく様々な義務が課せられます。
中でも労働時間の管理は重要となっており、適正な時間に働いていることを把握する必要があります。

勤怠システムは、従業員の労働時間を管理する手段となっており、タイムカードの使用が一般的です。

出勤、退勤、時間外労働、休暇をタイムカードに印字することで労働時間の証明ができます。



また、これまでは紙によるタイムカードが一般的でした。



しかし、紙によるタイムカードは事務作業の手間が大きいです。


特に月末には給与計算のための集計や会計に時間がかかり、他にやるべき作業が追いつかないこともあることでしょう。また、「タイムカード」という紙の媒体は他の人でも打刻ができるので、話が合う同僚に打刻をお願いすることもできます。

そのため、無断での遅刻や早退時に誤魔化すための改ざんが出来やすく、正確な管理が徹底されにくい傾向にあります。

2015年現在では、指紋認証や静脈認証、携帯電話による勤怠システムが普及しており、これまであった勤怠管理関連の事務作業が低減されるようになりました。

指紋認証や静脈認証の勤怠システムは、他人が自分の労働時間を改ざんすることが不可能なので正確な打刻が保証されます。

静脈認証は機械に触れなくても可能なため、機械に触れることに心理的な抵抗がある場合でもそれを軽減できます。

GIRL'S TALK - Amebaを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

携帯電話からはインターネットにアクセスし、専用サイトで打刻を行う、またはQRコードの画像を読取機にかざあう方法もあります。