タイムレコーダーを連動させる

バナー

タイムレコーダーを連動させる

  

タイムレコーダーを様々なことに連動させると非常に管理が厳格になります。

例えば、セキュリティの厳しい場所に入る時に打刻させます。
それも電子カードを個々人に持たせて、それで開けさせるようにします。

そうすると誰が何時に開けたのか、と言うことがわかります。


これは実際にセキュリティ的に厳しいかどうかの問題ではなく、管理されているという意識を強く出来るのがメリットになります。

簡単に言えば、カードがあれば開いてしまうからです。

そもそも自社の従業員に対してのセキュリティ管理はかなり難しいです。内部にいるわけですから、悪意があればやれてしまう行為が多くあります。

Ameba Newsに関するサポートサイトはここです。

そこでタイムレコーダーを導入するわけです。

IDも一緒に記録できる物であれば、社内の様々なシステムと連動させることによって、誰がやったのかが一目瞭然となります。

タイムレコーダーの使い方で多いのは、勤怠管理ですが、このような使い道もあるわけです。
打刻する機械、と言うのは何かと記録としては役に立ちます。

インターネットを介したシステムもあり、使い道は無数にあります。



上手く活用することによって、セキュリティにも利用できるわけです。但し、これは使い勝手が悪くなる可能性もあります。
勤怠管理もそうですが、手間をかければかけるほど、現場での効率性は悪くなります。



しかし、事務の手続きに関しては効率化できますし、管理も厳格にできるのでメリットはとても大きくあります。